オトナの寒い季節に必須のマフラー特集

マフラーは寒い季節の必須アイテム。30代のメンズファッションで使える数少ない小物でもあります。

マフラーというのは形がほとんど限られているので、選ぶポイントとしては「素材」「色」「柄」「長さ」「太さ」という点に絞られます。

最近は「スヌード」という輪っかになっているマフラーも流行。奇抜な感じではないので30代のメンズファッションにも取り入れやすいアイテムになっています。

アーバンリサーチあぜ編みスヌード アーバンリサーチケーブル編みスヌード

まず「素材」ですが、ファッションにはニット素材が一番取り入れやすいです。防寒性もニットが一番。ザックリとした編みの「ローゲージ」や「ケーブル編み」タイプならカジュアル感が出て、平織りのものならカジュアルからビジネスまで違和感なく使えます。

ただ今年はカジュアルシーンではザックリとしたローゲージタイプが人気になりそうなので、ここはぜひおさえて欲しいです。色次第ではビジネスでも使っても違和感はありません。

次に「色」ですが、これも派手なモノと落ち着いた色と2本くらいは揃えたいところ。

ちょっと遊び心を入れたいときには派手めなマフラーは最高のアクセントになります。オトナのオシャレは落ち着いた中にもワンポイントいれること。派手なモノは似合わないという人でも「ビビッドな青」は意外とつける人を選ばないのでオススメ。

「柄」はモノトーンが基本。マフラーに柄が入っていると着る服の柄も選ぶのでコーディネートが難しくなります。どうしても柄物という方は「ボーダー」の流行が終わりつつあるので、目立ちすぎないチェックがオススメ。

「長さ」については、どういった巻き方をするかというのによります。ビジネスでも使うということであれば長すぎず短すぎずの長さがベスト。カジュアルで使うなら、首にぐるぐると巻き付けたい人は短めに。逆に長く垂らしたいということであれば長めのマフラーにしましょう。

最後に太さですが、これも極端に太かった細かったりする以外は好きな太さを選んで大丈夫。

マフラーは寒い季節のオシャレにかなり使えるのでぜひぜひお気に入りのモノを数本持っておきましょう!

サイト運営者の自分的には今年は「ローゲージ」の「スヌード」で行く予定です!色は「グレー」で決まり。

このページの先頭へ